近親者でしめやかな家族葬を行う方が増えています

近親者でしめやかな家族葬を行う方が増えています

葬儀は多くの参列者を集め、盛大に行われる事が従来は多いものでした。

家族葬の情報をご提供しています。

これは盛大な葬儀を行う事で、遺族はその忙しさによって、余りにも深い悲しみを感じる暇がないようにし、心のケアを行うと言う側面がありました。しかし、葬儀が近所の人の手伝いを得て自宅で執り行う事が減り、葬儀会館で行われる事が一般的になるにつれ、その費用の余りにも高額な事が不合理だと考える人が増えて来ました。

そうした一般的な葬儀ではなく、遺族やごく親しい友人が集い、こじんまりと故人を偲ぶ家族葬を選択するケースが増えています。

家族葬専用の葬儀会館も増えています。



こうした会場は、比較的少人数の参列を前提としており、広すぎないために、比較的小さな祭壇でもみすぼらしく感じる事もありません。


葬儀会館に支払う費用の大きなウエートを占める祭壇を小さくて簡素なものとする事と、参列者が少ない事で、食事費用なども抑える事ができ、一般的な葬儀に比較して安く葬儀を上げる事が可能なのです。
もちろん、家族葬を選択されるのは、費用面のみが理由ではありません。

livedoorニュースのお役立ちコンテンツ満載です。

故人と直接付き合いがなかった遺族の会社関係の方などが義理で参列される事で大きな葬儀とするより、遺族と本当に故人と親しかった方のみで、故人の思い出を語り、故人を偲んでしめやかな葬儀を営みと言う考え方で選択される場合も多いのです。
最近では、終活として、生前に家族葬を行う会館の積み立て会員となり、遺族が葬儀をどうすべきかバタバタとせずに済む様にし、また費用負担も減らそうと準備されている方も増えています。

核家族化が進む中、家族葬を営む方は今後も増え続けつと思われます。

  • 情報分析

    • 家族葬のメリットは大まかに分けて3つあります。1つ目のメリットは通常の葬儀よりも費用を安くできる事です。...

      detail
  • 社会の話

    • 家族が亡くなったとき、気になるのはお葬式のことですよね。大掛かりなお葬式を行うとそれなりに費用が掛かるものですし、手配することもたくさんあります。...

      detail
  • 詳しく知りたいなら

    • 家族葬とは、遺族や身内だけで見送る葬儀のことで、近年、葬儀のスタイルとして家族葬と呼ばれるものが、急速に増えています。一般的な葬儀は、宗教儀礼を中心とし、親族をはじめ、故人と生前関係の深かった人に参列してもらい、進行していくお葬式となります。...

      detail
  • 驚く情報

    • 葬儀の種類も増えていますが、その中でもよく目にするのが家族葬ではないでしょうか。その名の通り家族だけで執り行い、他に参列する場合でも近しい親族ぐらいという少数の人たちだけで行う葬儀です。...

      detail